賢く行う不動産売却のポイントをチェック!


不動産売却のポイント

不動産を買取で売却する際に得する方法

不動産を買取で売却する際に得する方法 大きな病気や失職してしまったなどの理由から早急に現金が欲しいという場合に有効な方法が不動産の売却です。
不動産というものは常に一定数の需要があるものなので、それを売却すれば金融機関からの融資をあてにせずともすぐに現金を手にすることができます。
ただし、不動産の売却方法には一般的な仲介のほかに買取と呼ばれる方法もあります。
仲介スタイルでの売却は買い手と交渉をしたうえで売却価格を煮詰めていくため、高い価格での売却が成立しやすいという特徴がありますがこれはあくまでも買い手が見つかってからのことで、長い時間なかなか買い手が見つからない可能性もありすぐに現金が欲しいという人にはあまりお勧めできません。
それに対して買取では不動産会社が直接物件を購入することになるためすぐに現金が手に入ることになります。
ただし、このスタイルでの物件の売却では価格を安く抑えられてしまうケースも多く、少しでもお得に売却を成立させるには一括査定をして買取をしてくれる相手を探す必要があります。

不動産売却方法には2つある

不動産売却方法には2つある 不動産を売却する場合には、2種類の方法があります。
ひとつは、不動産会社に直接売却をすることです。この場合のメリットは、すぐにお金が手に入る可能性が高いことです。
もちろん、値段交渉の段階でお互いに妥協せず、すぐに決められない場合は、売却してお金が入るまでに時間がかかってしまいます。
もう一つは、不動産会社に媒介をしてもらう場合です。この場合は、不動産会社に直接売却をするよりも高く売ることができます。
媒介契約には3種類ありますので、その中からひとつ選ばなければなりません。一番高く売れやすいのは、専属専任媒介契約です。専属専任媒介契約は、他の業者に販売をしてはいけない決まりがあります。
また、依頼者の友人や知人、親戚がその家を欲しいと言っても、依頼者自らが売却することはできません。
専任媒介契約は、他の業者に売却をしてはいけない決まりがありますが、依頼者自らが売却することは問題ありません。
一般媒介契約は、他の媒介契約よりも高く売れにくい傾向がありますが、依頼者自らが売却しても良いだけでなく、複数の業者と契約することも可能です。


Copyright 2017 不動産売却のポイント All Rights Reserved.