賢く行う不動産売却のポイントをチェック!


不動産売却のポイント

不動産業者による買取は損になる?

不動産業者による買取は損になる? 物件の所有権を手放す際には売却と買取という2種類の方法があります。
売却の場合は不動産業者に買主を見つけてもらって、その買主に所有権を譲ります。買取の場合は不動産業者に直接所有権を譲る、つまり不動産業者が買主になります。
買取の場合、業者は買い取った後にリフォームなどをしてまた新たな買主を見つけてその買主に売却します。
リフォーム代や業者の利益を上乗せして再販されることが前提のため、買取の場合は金額が売却の場合よりも安く見積もられます。
そのため少しでも高く売りたい人にとっては損をすることになります。しかしデメリットだけでなくメリットもあります。
売却の場合は買取の場合よりも高く見積もられますが、購入を希望する人が現れない限り取引をすることができません。買取は確実に業者が買主となって取引を進めることができます。
金額的には損をする可能性はありますが、早く手続きを済ませたい人にとってはふさわしい方法となります。

売却と買取の違い

売却と買取の違い 物件の所有権を手放す時の手段として売却と買取という2種類の方法があります。それぞれの方法にはどのような違いがあるのでしょうか。
まず物件の売却とは一般的に不動産業者に仲介を依頼して買主を探してもらい、第三者に物件を売ることを言います。
この際に不動産業者は売却活動のサポートを行いますが、実際に購入するのは別の誰かです。
これに対して買取は不動産業者が買主を見つけるのではなく自らが買主となって購入します。購入した後はリフォームなどを行ってまた別の誰かに売却します。
買取はその後に業者が手を加えてから利益を上乗せして再販売するため、売却に比べて査定の価格が低くなります。しかし買主の個人を見つける手間が省けるため、短期間で所有権を譲ることができます。
つまり売却は買取よりも高い金額で所有権を手放すことができて、買取は売却よりもスピーディーに所有権を手放すことができます。
どちらにも長所と短所があるため、自分の希望条件に合う方の手段を選ぶ必要があります。


Copyright 2017 不動産売却のポイント All Rights Reserved.