賢く行う不動産売却のポイントをチェック!


不動産売却のポイント

不動産買取業者の見極め方

不動産買取業者の見極め方 不動産買取業者の見極め方のポイントは、売却する価格の交渉が可能かどうかです。
住宅が建っている近隣の道路や土地の開発状況を、きちんと理解したうえで価格を決めているかどうか確認すると良いです。
例えば近いうちに大きな道路がつくとか学校が増えるなどと言った評価につながる内容になります。
また実績が多い会社かどうか調べる事が大切になります。
何年くらい営業しているかどうか確認しましょう。
長い期間そのエリアで開業している会社を利用すると良いです。
移転が多い会社は注意が必要になります。
サイトでの口コミの評価が良い会社を選ぶと安心です。
実際に会社に査定の料金を比較して業者を選ぶ事が重要になります。
その他に複数の会社に見積もりを依頼する事が大切です。
少なくとも2か所以上に見積もりを依頼して比較をする事が大切です。
適切な評価をしているかどうか確認します。
不動産の買取を行っている会社と仲介業者は異なるので注意が必要です。

不動産業者との値段交渉は可能か?

不動産業者との値段交渉は可能か? 不動産業者との値段交渉には2つのケースがあります。
1つは、その物件の所有者が不動産業者である場合です。
この場合、不動産業者が物件を所有しており販売していますので原価というものがあります。
商売ですから利益を得る必要があります。
家電量販店をイメージしてもらえばよいですが一定の限度はありますが、端数の値段交渉程度であれば試行してみる価値は十分にあります。
また、販売を開始してどの程度時間が経過しているのかも重要です。
売り出しの直後に交渉するのと、ある程度販売時期が続いた後に交渉するのとでは業者の心境も変わってきますのでそのあたりを考えた交渉なら十分可能です。
2つめは、物件が一般の個人の持ち物である場合です。
こちらはネットオークションでの値引き交渉をイメージしたらよいですが、個人にとって商品は1つだけです。
また、少しでも高く売れることを強く希望していることはあなたが値引きしたい気持ちと同様のものです。
また、住宅ローン残債等を考えて値段を設定しているとしたら値下げできない事情も十分に考えられます。
逆に、自身の物件を気に入ってもらえるならある程度は値引きに応じても良いとお考えの方もいらっしゃるので仲介業者を通じて相手の都合を分かる範囲で確認してもらい値引交渉額を相談してみてから相手に意思表示するのが賢明です。
どちらにしても非常識な値段交渉は相手の心象を悪くしますので注意が必要です。


Copyright 2017 不動産売却のポイント All Rights Reserved.