仲介業者のメリット


不動産売却のポイント

仲介業者のメリット

仲介業者のメリット 不動産の買取を実施する際には、ふたつの方法があります。仲介業者を利用する方法と利用しない方法です。多くの人が、仲介業者を利用していますが100パーセント絶対に仲介業者を使わなくてはいけないのではありません。メリットがあるからこそ、業者を使っているのです。では、不動産買取で業者を使った方がいいのはどうしてなのでしょうか。
ひとつめのメリットとしては、専門知識を持っているところにあります。業者を利用しない場合には、当事者同士で話をつける必要が出てくるため、どうしても適切な価格にならなくなりがちです。業者の話を参考にしながら値段をつけていけば、買取が実現しやすくなるのです。
ふたつめのメリットは、多くの顧客を持っている点にあります。個人的にお客さんを探すよりも、早く顧客を見つけることができるのです。多くの候補者がいれば、その中からベストな顧客を見つけることも可能となります。適切なアドバイスをもらえることが大きな利点です。

不動産買取で仲介業者を利用するデメリット

不動産買取で仲介業者を利用するデメリット 不動産買取で仲介業者を利用するデメリットは、査定価格がそのまま売却価格に繋がらないところです。
業者に依頼した場合、売れなければ売却価格はどんどん下げられることになるので、少し高めに設定しておく必要があります。
いつ不動産が売却できるかわからないので引っ越しの算段がつきにくく、ローンが残っている場合、完済できるだけの資金がないと売却できません。
売れないと値下げを想定しないといけないので、ローン残債以下の価格になる可能性もあり注意が必要です。

瑕疵担保責任がついてきてしまうのも、不動産買取で仲介業者を利用するデメリットになります。
売却してから1年間、物件の不具合や欠陥に対して責任を負うのが瑕疵担保責任です。
売主は欠陥を修復しなければならない義務があり、最悪の場合は損害賠償を請求されることもあります。
買い主が不動産会社の場合には瑕疵担保責任は問われないので、買取業者を利用するか仲介業者を利用するかで大きく変わってきます。


Copyright 2017 不動産売却のポイント All Rights Reserved.